中学校に通う子供を個別指導の塾に通わせたい場合は、まずその子供の特徴が個別指導に向いているかどうかを考える必要があります。個別指導塾の方が合う中学生の例をあげると、まず極端に不得意な科目がいくつかある学生は個別指導の方が向いているといえます。集団指導の塾はそのシステム上、科目を絞って授業を受けることはできません。授業時間外にわからない所を尋ねることはできますが、自分自身のために多くの時間をとってくれるとは限りません。

個別指導であれば、苦手な科目にしぼって授業を受けられるように計画をたてることができ、弱点を克服しやすくなります。他人とのコミュニケーションをとるのがあまり得意ではない中学生は、個別指導塾で勉強させると良いです。コミュニケーションが苦手な人を集団指導の塾に入れてしまうと、授業中に他の人に圧倒されて講師にわからない所を尋ねられなかったり、落ち着いて勉強に取り組むことができない場合があります。このような状況をそのままにしておくと、学力がのびにくくなります。

マンツーマンもしくは少人数指導を採用する個別指導塾なら、中学生も講師に気軽に質問をすることができ、解決するまでじっくりと指導を受けられます。また、学校の部活動や習い事と上手に両立させていきたい中学生も、個別指導塾がおすすめです。集団指導の塾では、学生の側が塾側が決めたスケジュールに合わせていかなければならないのに対し、個別指導の塾では学生の都合にあわせて授業を選ぶことができるようになっています。集団指導では授業がどんどん進んでいってしまいますが、個別指導を選べば多少の遅れも早期に挽回することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です