中学生を対象とした塾には、教室に多数の生徒を集めて講師が授業を行う集団塾と、1人から3人程度の生徒に対して1人の講師が少人数制で対応する個別指導塾があります。集団塾にも個別指導の塾にもそれぞれのメリットとデメリットがありますが、なによりも大切なのは自分に向いている塾を選ぶことです。そのため、高校受験を控えている中学生が塾を選ぶ場合には、学力や性格をはじめ、志望校や学校生活などに応じて集団か個別指導かを決めるとよいでしょう。個別指導塾の一番のメリットは、大勢の生徒と一緒に学習を進める必要がないので、生徒一人一人に最適な個別のカリキュラムを組むことができることです。

勉強が苦手で他の生徒と一緒に進められてしまうと理解が追いつかない場合や、基礎からじっくりとやり直したいと考えている中学生にとっては、自分のペースで学習することができるので安心して勉強することができます。一方で、学力が高くてさらに先のカリキュラムまで進めたい中学生や入試の傾向が特殊な高校を受験する場合などにも、個別指導塾のメリットを生かすことが可能です。また、運動部や吹奏楽部などで部活動が忙しくて通う時間がなかなか取れない中学生にとっても、授業の時間を変更することができたり、振り替え授業が受けられる個別指導のシステムが役に立つことが大いにあります。塾を最終的に決める時には、保護者の意見や考え方だけで押しつけるのではなく、本人の意向をしっかりと確認した上で最適な塾を選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です