中学生にとって重要なイベントとなるのが高校受験です。中学校までは受験なしで進学出来ますが、義務教育でない高等学校については受験をしなければならないため、受験のための勉強が必要になってきます。そこで、多くの中学生が活用しているのが学習塾です。学校の勉強とは別に、受験を目的にした勉強を行う学習塾に通えばよりハイレベルな高校をも目指すことが出来るでしょう。

中学生向けの学習塾については、集団指導塾と個別指導塾に大別することが出来ます。集団指導塾は学校の授業と同じように一人の先生が大勢を相手に授業を行います。一方の個別指導塾は一人の先生が一人もしくは数人程度の少人数を対象に授業を行います。集団指導塾のメリットは個別指導に比べて安価に受講できる、ハイレベルな講師の授業が受けられることなどがあり、個別指導塾には自分のペースで学習を進められる、質問がしやすいなどのメリットがあります。

一方、個別指導塾の場合は自分ひとりで学習をすすめるため、集団指導塾のような仲間との競争や切磋琢磨することでのモチベーションの維持がしにくいというデメリットがあります。また、個別指導塾の場合は多くの塾で学期途中からの入塾も可能ですが、集団指導の場合は入塾時期が決まっていることが多いため、時期によっては入塾できない可能性も出てきます。このように、個別指導と集団指導にはメリット・デメリットがあるため、本人の希望や予算などを考慮して適切な塾を選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です