12月後半から翌年1月前半にかけての冬休みの期間に、多くの学習塾では冬期講習が開催されています。個別指導塾の中学生コースで勉強している生徒を対象とした冬期講習は、集団指導の塾と同様、2年生までと3年生では内容が大きく変わってきます。2年生までの中学生の個別指導塾の冬期講習は、夏休みに行われているものとさほど内容に変化はありません。冬休みに入る前に勉強してきたことの復習や、理解できなかった内容や苦手な部分の集中指導といった基礎固めや弱点克服、および応用力向上がメインとなります。

一方、3年生を対象とした講習は、時期的に多くの生徒が受験間近であることから、高校受験対策が中心です。過去の試験の結果をもとに、弱点をピックアップして克服に取り組む生徒がいれば、受験を予定している高校の過去問演習をしてより高い得点をとれるように取り組む生徒がいます。冬休みに入る前までに進学先が決まっている場合、冬期講習に参加する意義はあまりないように感じられます。しかし、塾で引き続き勉強することを決めている生徒の中には、冬期講習の機会を利用して、高校入学後に学校の授業で習う内容を先に指導を受け、良い高校生活がスタートできるように努めている生徒がいます。

中学生を教える個別指導塾では、いくつかの基本的な冬期講習プランを用意しており、生徒の学習状況に応じて組み合わせることができるようになっています。受講計画は普段の授業のときと同様に、塾のスタッフと相談して立てていくことができるので、限られた時間の中で良い効果が得られるように計画を立てて実践していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です