個別指導塾は、その言葉通り「個別に一人ひとりの勉強を指導する」ための塾です。中学生になると、小学校のときとは違って得意な教科と苦手の強化が激しくなっていくことがあります。それをきちんと対応せずに学年が上がってしまったり、高校受験へ挑むことになると成績が思うようにあがらず、テストの結果なども良くならない場合があるのです。そんなことがないように中学生になると個別指導塾へ行き、苦手科目を克服できるように努力している子がたくさんいます。

個別指導塾のメリットは、なんといっても「一対一での指導」です。大勢に対して講師一人の場合はなかなか個人の「わからない」に対して丁寧に答えることが難しく、結局「わからないまま」で塾へ通うのをやめてしまうこともあります。中学生の勉強は小学校とも違い、少しずつ将来への進路にも関わってくるので重要な時期だと言えるでしょう。きちんとわからないところを理解しておくことで、学習内容が変わっても応用などをきかせることが出来るので、安心して学べるようになります。

中学生だからこそ、「個別指導塾」で学び方を理解しておくことが大切です。中学生で勉強の仕方を理解することが出来れば、高校や大学へ進学しても個別指導塾の勉強の仕方を基本にして自分だけの勉強方法を考えることが出来るかもしれません。自分自身で学習したことを基本に、学び方を考えることで「知識の入れ方」を憶えられるようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です