中学生が通う塾には、おもに集団指導塾と個別指導塾の2種類があります。集団指導塾は、学校のように講師が前に立って授業をおこなうもので、出席している全員が同じ講義を受けるというものです。だいたい同じレベルの生徒が集められます。それに対して個別指導塾では、生徒はそれぞれ個別のブースで課題をこなしながら、自分専用の講師に指導を受けます。

つまり、学習の内容はそれぞれ違うということです。そのため、自分のレベルにあった内容で、苦手科目の克服や、得意科目を先に進めるなど、ひとりひとりの希望にあったカリキュラムを組むことが可能になってきます。また、大勢の前で手を挙げて質問をするのが苦手という生徒にとっては、受け持ちの先生にすぐに聞けるので、学習が滞りにくいといえます。そのほかの中学生が個別指導塾で学ぶメリットとしては、授業時間を選べるということが挙げられます。

自分の都合のいい時間に通塾することができるので、部活やほかの習い事、趣味などとの両立がしやすくなります。無断欠席でなければ、振替授業が受けられる塾がほとんどなので、授業料を無駄にすることがありません。また、講師との相性が悪くて気が進まないなどの時には、講師を変更してもらうこともできます。中学生には欠かせない、定期試験対策として、それぞれの不得意などを踏まえた指導が受けられたり、レギュラーの授業以外に追加で指導を受けることができたりなど、個別の対策をしてもらえたりすることもメリットといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です