小学生のうちはまだ時間にも余裕があります。放課後にお友達と遊ぶ時間もあったはずです。習い事をしているお子さんも少なくありませんが、それでも遊ぶ時間は作ることができます。学校の勉強はそれほど難しくないですし、まだ受験をするわけではありません。

中学生になったら必ず高校受験をすることになります。志望校の偏差値にもよりますが、ある程度レベルの高いところも狙うならしっかりと勉強をしなくてはいけません。だからこそ、中学生になるとお友達と遊ぶ余裕もあまりなくなります。しかも部活動に所属するのであれば、受験勉強だけに集中できる訳ではないです。

ハードな部活動も少なくありません。そういった部活に所属している生徒さんは、毎日しっかりと練習をしなくてはいけません。土日も練習や大会がありますので、非常にハードな生活を送っています。そのような環境で高校受験の対策をしておくのは、決して簡単なことではないです。

学校の授業にも付いていかれなくなる可能性があるので、注意してほしいです。試験対策をするためにも、中学生向けの個別指導塾に通ってみてください。昔は個別指導塾はあまり数が多くなかったです。そのため通っている人は少なかったのですが、現在はそうではありません。

中学生向けの個別指導塾がどんどん増えていて、通っている生徒さん達も多いです。自分のペースで勉強を進めていくことができますし、先生とマンツーマンで指導が受けられるのも魅力的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です