中学生の中には個別指導塾に通っている人も多いかもしれませんが、先生がずっとそばにいてくれるため集中して勉強ができることが1つのメリットと言えるでしょう。基本的には先生がそばにいる体制が整っています。個別指導塾では講師1人に対して、同時に教えるのは多くても中学生が4人ほどです。4人の場合には、誰かに説明している間には、他の生徒が自分で問題を解く流れです。

家で勉強するとなると、なかなか集中できない中学生もいるかもしれませんが、先生が隣にいればこのような事は無いはずです。少しぼーっとしているようなことがあればすぐに気づいてもらえるため、勉強している様子をずっと見られているのであれば、集中しないわけにはいかないのです。仲の良い子がいても話してかけてくることもないでしょう。ずっと見られていたら勉強ができないという子もいるかもしれませんが、それは実は最初のうちだけです。

見られる緊張感の中で勉強をすれば、自然と集中力も身に付くのです。いつの間にか見られていることも気にならなくなるはずです。もちろん手が止まっていればわからない場所であることがわかるため、講師がそれを見つけてしっかり教えてくれます。学校や集団が他の塾であったとしても、生徒が問題を解いている間を歩いて、手元を見ながら問題が解けているかどうかを確認することになるでしょう。

しかし全員の様子を細かく把握することは難しく、勉強している間の様子をしっかりと見てくれる、そして指導につながるのが、個別指導塾なのです。中学生の個別指導塾のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です