中学生の学習内容は、小学生と比較して難易度が高いです。そのような授業についていくことができず、勉強に取り組む姿勢が消極的になってしまったり、努力しているけど点数が伸びない、勉強する方法がわからないといった悩みを抱える中学生は多いです。それぞれの目的に合わせて塾を検討する方がいますが、どのように選べばよいのかポイントがあります。塾に通うことをはっきるすることが大切です。

授業の形式、料金、立地、先生評判などポイントはいくつかあります。最も大事なことは通う本人と保護者が相談を重ねて納得した上で選択することです。集団指導塾と個別指導塾ではどちらが合うのか考える必要があります。先生に質問することが苦手であったり、勉強に熱心に取り組んでいるけど伸び悩んでいる子、部活や習い事が忙しい子等が個別指導塾が合っています。

集団指導塾では、個々にかけられる時間が限られていますが個別指導塾ならマンツーマン、または講師1人に対して生徒2人の形式が一般的なので、しっかりと指導することができます。マンツーマンなら、先生との距離が近いのでしっかりと取り組みたいと考えている場合は良い選択です。少しは一人で取り組む時間もほしいと考えている場合は、講師1人生徒2人の形式が合っています。中学生なら保護者としっかりと相談することができるので、納得ができる個別指導塾を選択することができます。

無料体験等を行っている個別指導塾は多くあります。一度体験してから検討することもよい方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です