中学生が個別指導塾に通う場合には、何を目的にしているのかを考えるのが先決です。目的に合わせて選ばなければ、ただ何となく通うことになり、期待しているような成果が見えません。目的が曖昧な場合には、まずは目標を設定して、その目標を達成できるようにカリキュラムを組んでもらうことが大切です。まだどのような方向に進みたいのかが見えてこない中学生の場合には、目標を決めることにも時間がかかります。

迷いがあるうちは、後からやりたいことが見つかった時に問題なく進めるように、実力を身につけて準備をしておく必要があります。勉強していると、本当に志望校に合格できるのだろうか、今のままで成績は伸びるのだろうか、苦手科目をなかなか克服できなくて不安がある等の悩みを抱えることがありますが、個別指導塾では授業以外の面でもサポートしてくれるため、不安なことがあれば逐一相談しながら学習に向き合うことが可能です。学校や親には相談できない様々なことを打ち明ける場にしている子も多く、講師は専門家の立場から適切なアドバイスをくれます。そのほかにも学習意欲を高めるためのフォローをしてくれたり、保護者と密にコンタクトを取って進路を決める時にも色々な話をきけます。

サポート体制が万全の個別指導塾に通っていると、細かなことに悩むことなく受験に向かうことができるので、悩みが多くて勉強に集中できないような中学生にもお勧めです。精神的に不安定になった時でも、強力にサポートしてくれるような存在です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です