中学生の成績をアップさせる良い個別指導塾とは、一人一人の状況を考えながら個別のカリキュラムをしっかりと作成してくれるところです。皆が同じようなカリキュラムで勉強しても、苦手な単元や科目は人によって違いますので、効率がとても悪くなります。それを続けていると勉強している割に成果が見えないと感じてしまいますので、個々に合ったカリキュラムを作成することはとても大事です。この作業をきちんと行っている個別指導塾なら、それぞれの中学生の弱点をきちんと克服していけるはずです。

個別指導塾の質を大きく左右するものに、講師の質があります。良い講師がいる場合には満足のいく指導を受けられますので、どんどん成果が出てきます。ただし、いくら良い先生がいても、ころころと担当が変わるようでは落ち着きませんので、やはり同じ先生がずっと担当してくれるような環境を用意してくれるのが理想です。担当がどのくらいのスパンで変わるのかはとても気になる部分ですので、事前に質問をしておくと良いでしょう。

中学生側からの要望で、相性の良くない先生とチェンジしてもらうことはあります。予習をきちんと行っていて、季節講習では苦手な部分の克服に力を入れている場合も良い個別指導塾と言えます。予習が大事なことは分かっていても、習っていないところを理解するのは大変ですので、予習型の学習を取り入れているところは少ないようです。あえて予習型を進めている場合には、理解度を高めるための方法を熟知しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です