いつの時代も中学生くらいの年齢は、反抗期や思春期などで親の思い通りにならないことがとても多くあります。高校受験のために塾に通うという人も多くなってきますが、集団で学ぶ塾よりも個別指導塾が断然おすすめなのです。なぜかというと、学校で集団授業を受けていても聞いているのかいないのか判断が付きにくい生徒がいるということがあります。それと同じで、塾でも学校と同じく集団で学ぶタイプだと職員からすると理解しているのかどうか判断が付きにくいということがあるのです。

集中力の途切れがちな性格の人や、人が大勢いる場面で集中できないという人にとっては全く身にならないということもあります。しかもそれが中学生となると、恥ずかしさから誰にも相談ができなかったり、職員に質問に行くことすらできないということもあるのです。こういったことから個別指導塾がおすすめなのです。個別指導塾であれば、生徒と職員がマンツーマンでの授業になるため、わからないところが出てきた場合でも、ほかの生徒に気兼ねすることなくすぐに質問することができますし、自分の苦手な箇所などは職員がしっかり把握してくれるので、成績アップにつながりやすいという利点があります。

しかし、集団で学ぶ塾よりも月謝が高額になるということもありますので、子供が中学生に上がってから慌てて仕事を増やす親がいるというのも事実です。自分の子供にはどちらのタイプの塾が合っているのかを見極めるということも必要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です