中学生が個別指導塾に通い始めるタイミングはいくつかあります。最初のタイミングとしては、中学生になったばかりの頃に学校の授業をしっかりと理解するための通い始めることがあります。入学直後はまだ小学生の頃の学習の延長のような感じですので、いきなりおいて行かれることはありませんが、段々と難しくなってきますので、その前に策を講じておきたいということで入学と同時に入るようです。中学校生活にも慣れてきた頃に徐々に勉強が難しくなってきて、気が付いたら授業の内容があまり分からなくなっていたという人がいますが、一度分からなくなると独学で追いつくのは大変ですので、これ以上の遅れが出ないように慌てて個別指導塾に入るパターンもあります。

この場合は既に遅れ始めていますので、気が付いた時点で早急に手を打たなければなりません。対応が遅れれば遅れるほど追いつくまでに時間がかかってしまいますし、その間に新たなことを習ってもあまり習得できません。そうすると、復習しなければならない範囲が膨大になって、多くの時間をかけて対処することになります。受験前に希望の高校に入るために個別指導塾というのも王道です。

中学生は高校受験を控えると自分が今現在どの程度のレベルにあるのかがとても気になりますが、自宅学習をしている人は現在地が分からないので不安になります。個別指導塾に行くと現在地も把握できますし、足りない部分も教えてもらえますので、その後の学習がとても効率的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です