司法書士に相続登記を依頼した場合の、報酬額の相場は7~10万円ほどとなっています。ただしこの金額は最低限度のものであり、物件の数が通常よりも多かったり養子縁組をはじめとした相続の関係が複雑だったりした場合はさらに追加料金が発生する可能性もあります。なるべく相続登記の報酬金額を抑えたい方のために、自分で出来る作業や手続きを見ていきましょう。節約の一例として挙げられるのが、戸籍の収集を自分で行うことです。

一律で金額が決まっている司法書士事務所の場合を除いて、多くは戸籍の収集を依頼すれば追加で料金が発生します。自分で役所に出かけて収集することにより、その分の報酬を抑えることが可能という訳です。戸籍謄本類は、本籍地である役所に申請すれば取得できます。他人の謄本の取得は不可能ですが、相続人ということを証明できれば申請書を提出することでその場で受け取ることが可能です。

なお故人が転籍を繰り返していたり、本籍地が遠方である場合は戸籍の収集に手間がかかります。こういうケースにおいては、司法書士に依頼した方が素早くスムーズに実行できるでしょう。相続登記にはつきものである、遺産分割協議書を自身で作成することも報酬額を抑える方法の1つです。こちらも一律料金ではない場合は、個別に請求される項目です。

自分で作成することに抵抗を感じないのであれば、自身で作って報酬額を節約すると良いでしょう。しかし代襲相続や数次相続といったように、特殊なケースの場合は遺産分割協議書の記述は専門的な知識が必要になります。自分で作成しても記載されている内容によっては、相続登記の申請が受理されない場合もあるため注意してください。こういうケースにおいては、司法書士に頼った方が無難です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です